結婚式会場のタイプについて

結婚式場は大きく分けて4つ

女性なら誰もが憧れる結婚式。でもいざ結婚式を挙げようと思ったとき意外と迷うのが式場ですよね。全国には数多くの式場がありますが、大きく分けると4つのタイプに分けられます。
まず1つ目が宿泊もできるホテルでの結婚式、2つ目は結婚式を挙げるために造られた専門式場です。3つ目はいつもは普通に営業しているレストランを貸切にして結婚式を行うタイプ。4つ目は、欧米のような一軒家を貸切にして結婚式を行うゲストハウスがあります。このゲストハウスは比較的最近出てきた新しいタイプの結婚式になります。
女性の中には具体的にこんな式場がいいという理想があったりしますが、それぞれのタイプにはどんなメリット・デメリットがあるのかも気になるところですよね。

それぞれのメリット、デメリット

まずホテルでの結婚式は宿泊ができるので、遠方に親族がいる場合でも招待しやすいですね。知名度やアクセスのしやすさも魅力のひとつです。ホテルの場合1日に何組か結婚式を挙げる場合がありますので、そこがちょっと気になるという方もいるようです。
専門式場は本格的なチャペルやプロのスタッフに相談できるところが魅力ですが、やはり1日に何組か結婚式を挙げることもあり慌しく感じてしまうことも。
レストランは当然のことながら料理がとてもおいしい点がメリットですよね。貸切にできるのでカジュアルでアットホームな雰囲気も味わえます。しかしながらホテルや専門式場の設備にはもう一歩及ばないというところもあるようです。
ゲストハウスは何といってもプライベート感を味わえるところが一番の魅力となっています。より自由な演出も可能ですが、天候や気候に左右されてしまうところが難点です。
どの式場にもメリット・デメリットがあります。自分にぴったりの式場が見つかるといいですね。

東京で少人数の結婚式